プロフィール

これまでに、2匹の犬と生活を共にしてきました。

1匹目 (中型犬・雑種 ピンキー) は幼い頃から約18年間、
2匹目 (小型犬・Mダックス モカ) はピンキーが我が家に来てから10年以上経った頃からのパートナーです。

 

 ピンキー モカ.jpg

 

 

ピンキーを迎え入れた当時私は幼く、しつけに関する知識もほとんどなくしつけることの大切さを深く理解していなかったためにきちんとした「しつけ」というものをできていませんでした。

(とはいえ、とても落ち着いた性格の子であったために穏やかに過ごす毎日でした。)

 

ピンキー4.jpg

 

 

モカを迎え入れた当時は犬に関する本を読むことが好きで特に「しつけ」や「飼い方」の本を読むことに熱中していたということもあり、多くの本から知識を得て自分なりに勉強し迎え入れることができ、14歳になった今でもとても元気に過ごしています。

 

7A4C7FD5-7153-42CB-9110-51CC0811182F.jpeg

 

 

***

 

学生の頃は、休日や帰宅後が私と愛犬との触れ合い (トレーニング) の時間でした。  

モカのトレーニングを行っていた時、当時シニアであったピンキーがある日を境に一緒になってオスワリやマテなどをする姿がたびたび見られるようになっていくなど、日々感動や驚きの連続でした。

日を追うごとに上手になっていき、また互いに競い合うように動き回り時には走るなど、今まで以上にイキイキとしているように感じました。

お互いの存在が良い刺激になっているようでした。

 

A1EAE96B-9EC0-40B3-A6CF-97F98BEBF5FA.jpeg

 

 

しかしその後ピンキーが介護状態になってしまったり生活の仕方や環境が変わってしまった時には、本の知識だけでは解決しきれないこともありました。

 

犬はとても繊細で変化に敏感な生き物です。

人にとっては些細に感じることであっても犬にとっては大きな変化と感じてしまうこともあります。

ピンキーが亡くなったことで精神的に不安定になってしまっているモカを見た時このままではだめだと感じました。

「この子の抱えている不安や恐怖心を少しでも取り除いてあげたい」

「犬について、もっとちゃんと理解し向き合いたい」

そんな思いが芽生え、改めてモカとの生き方を見つめ直す決意をしました。

そんな中で「ドッグトレーナー」という職業に出会いました。

 

トレーナーとして活躍されている方々の数々の活動を知り、飼い主として、またトレーナーとしての愛犬との生き方、犬やトレーニングについての考え方・価値観を通じて、「もっとこうするべきなんだ」という反省や「これは間違っていなかったんだ」という納得など、とても考えさせられました。

まずはモカとしっかり向き合って生きてみようと思いました。

 

1.jpg

 

 

都内のトレーニング養成スクールに入学し約1年半勉強に励みました。

そこには、本やインターネットでは知り得なかった新しい発見がとにかくたくさんありました。

たくさんの犬たちと触れ合い、育った環境も性格も異なる犬たちに向き合うことでそれぞれに合うやり方というものがあると知り、思うようにいかない時も何度もありましたが改めて「犬」という生き物について深く学ぶことのできた1年半となりました。

深く知れたことでトレーナーを目指したいという気持ちもより強くなり、人と犬がより良い環境で楽しく幸せに共生していけるよう、その手助けをできるようになりたいと思うようになりました。

 

卒業後は学んだ知識や経験を活かして都内の犬の幼稚園にて見習いとして勉強してきました。

令和元年に独立開業をし、現在はドッグトレーナー兼ペットシッターとして活動しています。

 

***

 

一般的には「シニアになってから新しいことを覚えるのは難しい」という見解があるかと思います。

私も初めはその考えが覆ることはないと思っていました。

けれど犬やトレーニングを学び愛犬の気持ちに寄り添って物事を考え行動するようになった今、人と犬の間にしっかりとした信頼関係があることで実現することができるのだと実感しました。

 

冒頭でも述べたようにモカは現在14歳のおばあちゃん犬です。

シニアという年齢である今新しいことを覚えるなんて絶対にムリ!と思われがちですが、実は13歳を過ぎてから新たに覚えたことがいくつかあります。 

 

2.jpg

 

 

確かにパピーや成犬の時よりも覚えるまでに時間 (期間) はかかります。

覚えられたと思っていても次の日にやると全然できていない…なんてこともあります。

ですが、全く覚えていないというわけではありません。確かに覚えていることはあるんです。

これでいいの?こうかな?と一生懸命に考えて行動しているんです。

成功した時の嬉しさは、もしかするとパピーの時に感じたそれよりも大きいかもしれません。笑

 

諦めずにやり続けることの大切さを私は愛犬から何度も教えてもらいました。

その気持ちを私はより多くの方々に伝えていきたいです!

 

 

*****

 

<資格>

 プレイボゥ・ドッグトレーナーズ・アカデミー認定 ドッグトレーナー

 日本ペットシッター協会認定 ペットシッター士

 SAE認定 犬の管理栄養士

 ペット安全生活101